東京五輪チケットの公式転売サイトのスタート日はいつ?リセールサービスの申し込み方法や価格は?

こんにちは!

遂に間近になってきた2020年の東京五輪。

5月9日からチケット販売の応募も始まりましたね^^*

チケット、どうしても欲しいですよね!

また、運良くチケットを手に入れられても、

2020年なんてまだ先だから行けなくなったらどうすればいいの?

というあたりも気になりますよね。

でもオリンピックのチケットは転売禁止なので、

個人が売ることも、個人から買うこともできません。

じゃあ抽選に落ちたら、

唇を噛み締めながらテレビ放送を待つしかないの?(><)

チケットは手に入れてももし行けなくなったら、

誰かに譲るか握りしめておくしかないのかな?

なんて思っていたところ、

東京五輪のチケットの公式転売がスタートすることがわかりました。

抽選から外れても、

まだ諦めてはいけないということですね。

また、先の予定がわからない人も、

公式転売でチケットが売れるので安心してチケットを手にすることができますね。

そこでさっそく、

東京五輪の公式転売サイトのスタート日と、申し込み方法を調査してまとめてみました。

今回の記事を読むと、

  • 東京五輪チケットの公式転売サイトのスタート日
  • 公式転売の申し込み方法

がわかります。

それでは早速見ていきましょう。

スポンサーリンク

東京五輪チケット公式転売サイトの開始日はいつ?リセールサービスとは?

東京五輪チケットの公式転売サイトの開始日は、明確な日にちは公表されていませんが、2020年春頃とされています。

この時期になると、公式サイトにリセールサービスを行うところが作られますので、そこからリセールをすることになります。

東京五輪のリセールサービスとは?

リセールサービスとは、東京五輪の公式サイトで行うことができる転売サービスです。

東京五輪は倍率が高い分、転売が気になりますよね。

メルカリなどの転売ではチケットを高額売買されることがありますが、

オリンピックのチケットはメルカリなどでの転売が禁止されています。

その代わりに公式が転売サービスを行っています。

それがリセールサービスです。

これは、当日どうしてもいけなくなってしまった人が、お金を無駄にしないため、そしてチケットが無駄にならないためのサービスになります。

私も東京五輪のチケットが欲しかったんですが、当日の予定がわからなかったので買おうか迷っていました。

ですが、リセールサービスがあるため安心して抽選に申し込めます(笑)

当日の予定がわからなくてチケット購入を迷っている方も、リセールサービスがありますので、安心して自分のチケットを手に入れましょう。

東京五輪チケット公式転売の申し込み方法や購入方法・価格は?

東京五輪チケットの公式転売の申し込み方法はメルカリなどの方法と同じで、公式リセールサービスで出品の申し込みを行い、購入者が現れるまで待つだけです。

購入したい人は、出品されたら購入の申し込みをしましょう。

転売は先着順になるイメージですが、東京五輪ともなるとまたアクセス過多でサーバーダウンがありそうですし、リセールもまた抽選になる可能性はあります。

東京五輪公式転売チケットの価格はいくら?

便宜上転売という言い方をしていますが、価格は原則定価と同じになります。

ですので、チケットを事前にたくさん購入し、価格を上乗せして転売することはできません。

これなら、

転売ヤーが転売目的で大量にチケットを購入することがなくなり、安心ですね^^*

まとめ

今回の記事をまとめると、

  • 東京五輪チケットの公式転売サイトのスタート日→2020年春
  • リセールサービスの申し込み方法→メルカリなどと同じでリセールサービスに出品の申し込みをする
  • リセールサービスでのチケットの購入方法→出品者が現れたら購入申し込みをする
  • 価格→原則定価と同じ

という内容でした。

オリンピックが東京で開催されるなら見たい、そう考えている方は多いですが、やはりネックなのはチケットの価格です。

いい席であればチケットも高額なので、行けなかったときに無駄になるなんてことにはしたくありませんよね。

そこで、リセールサービスを使うことで、もし行けなくなっても定価でチケットをほかの人に譲ることができます。

私自身このサービスがあるからチケット購入をする決心がつきました。

ただし、リセールが実際に行えるのは2020年の春とまだ先ですので注意が必要です。

いい席を購入したい方であればリセールで売れる可能性は高いので、行けなくなる可能性がある方は事前に公式サイト等をチェックしておきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする