ルミナリエ2018はいつまで?テーマや出店・混雑予想・最寄り駅・駐車場やホテルも調査!

こんにちは!神戸のルミナリエが気になる金沢です。

神戸は日本三大夜景に選ばれていますし、夜景と一緒にルミナリエも見られたら最高ですよね(*^^*)

とはいえ、

東海に住んでいるわたしはルミナリエのことが何もわからないので、まずはいろんなことをかたっぱしから調べてみることにしました。

というわけで、

この記事を読むと、

  • ルミナリエ2018の期間はいつからいつまで?
  • 作品のテーマや作品の設置・配置場所
  • 出店
  • 混雑予想・最寄り駅・駐車場
  • 周辺ホテル

がわかります。

それでは早速見ていきましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ルミナリエ2018の期間はいつからいつまで?

ルミナリエ2018の期間は、12月7日(金)~12月16日(日)の10日間です。

ルミナリエ2018の点灯時間は?

ルミナリエ2018の点灯時間を下の表にまとめてみました。

曜日 時間
月~木曜日 18:00頃~21:30
金曜日 18:00頃~22:00
土曜日 17:00頃~22:00
日曜日 17:00頃~21:30

混雑状況により点灯を早める事があります。特に、土日は薄暮時に点灯する可能性があります。

また、荒天の場合は点灯を見合わせることもあります。

点灯を早めることがあるってなんでわざわざ書いてあるんだろう?と思ったら、ルミナリエは点灯の週間が感動的だからなんですね。

▼点灯の瞬間をカメラに収めようと待機する人がこんなに!

せっかくなら点灯の瞬間を見てみたいので、早めに行く&天気予報を要チェックですね!!

スポンサーリンク

ルミナリエ2018の作品のテーマは?

ルミナリエ2018の作品のテーマは、「”Luci di felicita(ルーチェ ダイ フェリチタ)”共に創ろう、新しい幸せの光を」です。

”Luci di felicita(ルーチェ ダイ フェリチタ)”はイタリア語で、「幸せの光」という意味です。

ルミナリエ2018の作品の配置・設置場所

ルミナリエ2018の作品の配置・設置場所をまとめると、

配置・設置場所 作品名
仲町通り 玄関作品「フロントーネ」
天井作品「ガレリアコペルタ」
回廊「ガレリア」
東遊園地 光の壁掛け「スパッリエーラ」
光の聖堂「カッサ・アルモニカ」
兵庫県政150周年記念作品
2019年ラグビーワールドカップ開催記念作品
噴水広場 円形状の「スパッリエーラ」

ルミナリエ2018の見どころ

ルミナリエ2018の見どころを以下にまとめました。

  • 総延長が270mに及ぶ仲町通りの作品
  • 東遊園地の、兵庫五国をイメージした光の聖堂「カッサ・アルモニカ」
  • 東遊園地の要所に設置される記念作品
  • 音楽に合わせて光が躍動し、夢のような楽しい会場を演出する噴水広場の作品

記念作品は「記念作品」としか記載されていないので、どんな作品なのか楽しみですね♪

スポンサーリンク

ルミナリエ2018の出店情報

ルミナリエ2018の出店を調べると、公式サイトには出店の抽選結果番号しか記載されていなかったため、細かな出店情報はわかりませんでした。

ただ、そこからわかったことが、

  • 1テントブース→8店
  • 2テントブース→13店
  • 3テントブース→12店

の合計38店が出店しているということです。

たくさん出店しているんですね(*^^*)

SNSからの情報をみると、

  • チーズハッドグ
  • 焼き肉
  • じゃがバター
  • 担々麺
  • スープ餃子
  • カステラ
  • からあげ
  • いちご飴

の出店情報が挙げられています。

▼チーズハッドグおいしそうですね!

▼韓国の焼き肉みたいなものを持っていますね。

▼こういう場所って食べ歩きがはかどりますよね!!

▼毎年いちご飴があるんですね。

ここで挙げたのは8店だけなので、あと30店ほどあるということですね。

全部は特定できず無念…(´ . .̫ . `)

あとは、出店と言えるかわかりませんが、神戸ルミナリエ2018公式グッズの販売があります。

ちなみにこれなんですが、なんと今話題のpaypay(ペイペイ)払いができますよ!

全額キャッシュバックも当たるかも♪

しかも、ペイペイは登録時に500円分の残高がもらえるので、500オフでグッズが買えちゃいますね。(クリアファイル・ポストカード・マグネットシートなら無料!?)

スポンサーリンク

paypay(ペイペイ)払いで購入できるルミナリエ2018公式グッズの種類と値段

paypay(ペイペイ)払いで購入できるルミナリエ2018公式グッズの種類と値段を以下にまとめてみました。

  • 2018ピンバッジ 600円
  • 2018キーホルダー 600円
  • 2018ブックマーク 600円
  • ボールペンシャープペンセット 600円
  • マグネット付アクリルクリップ2個セット 600円
  • ケース付きマイクロファイバークロス 500円
  • 反射ライトチャーム 600円
  • 2018募金グッズセット 1,500円
  • 歴代ブックマーク 各600円
  • 壁掛けカレンダー 1,200円
  • 卓上カレンダー 700円
  • クリアファイル3枚セット 500円
  • ポストカード6枚セット 500円
  • マグネットシート 500円
  • ジャガードハンドタオル(グリーン/レッド/ネイビー) 各600円
  • ラメプリントトートバッグ(ネイビー/レッド/グリーン) 各1,200円
  • ミニトート(ナチュラル/グリーン/レッド) 各700円
  • ふわふわクッション(ブルー/レッド/ブラック) 各2,200円
  • マグカップ(ブルー/レッド/ブラック) 各1,000円
  • ステンレスボトル(ブルー/レッド/ブラック) 各1,500円
  • モバイルフック(ブルー/レッド/ブラック) 各600円
  • 巾着袋 (ノーマルタイプ/縦長タイプ) 各600円
  • オリジナルサウンドCD 2,200円
売上の一部が開催事業費に充てられます。

ルミナリエ2018の混雑予想

ルミナリエ2018も人が多いというツイートがあふれていました。これから行く場合も大変混雑が予想されますね。

▼冒頭でも紹介しましたが、点灯前からこんなに多くの人がスタンバっています。


▼辟易するほどの人の多さということですね…!

人混みを回避する方法はないのでしょうか?(つд⊂)

ルミナリエ2018の混雑回避・穴場情報

ルミナリエ2018の混雑回避・穴場情報がツイッターにありました。元町から順路通りに行くと混んでいて大変なので、東遊園地(市役所)のほうから光の回廊を眺めるのがポイントです。

東遊園地から見るのが穴場なんですね(*^^*)

ルミナリエ2018の最寄り駅

ルミナリエ2018の最寄り駅を調査したところ、「JR阪神電鉄 本線元町駅」ということがわかりました。ルミナリエまでは、混雑の状況にもよりますが徒歩10分程度です。

▼こんなありがたい情報も…

元町駅近くの一貫楼で豚まんを買っておくと待機するのが苦にならなそうですね♪

▼ちなみに、電車には「KOBEルミナリエ」と書かれた副標がでているので、電車でお越しの際はそちらもぜひチェックしてみてください(*^^*)

ルミナリエ2018の駐車場

ルミナリエ2018の周辺駐車場は、大変混雑が予想されるため、「Akippa(アキッパ)」という駐車場予約サービスで駐車場を予約すると安心です。

ここから今すぐ【akippa(あきっぱ!)】で駐車場を予約する!

▼中には駐車場に停められずこんな人もいたようです。こんなふうにならないよう、車で行くなら駐車場は予約しておきましょう。

ですが、駐車場を予約する前に交通規制をしっかり確認して、当日ちゃんと停められる駐車場を選ぶことがポイントです。

ルミナリエ2018の交通規制

ルミナリエ2018の交通規制は以下のとおりです。

ピンクの道に面している駐車場を予約してしまわないよう注意してください。

ここから今すぐ【akippa(あきっぱ!)】で駐車場を予約する!

駐車場は良いところはすぐに予約で埋まってしまうので、早めにチェックするようにしましょう。

ルミナリエ2018周辺のホテル

ルミナリエ2018周辺のホテルは、調査中です。しばらくお待ち下さい。

▼ルミナリエからは少し遠いですが、こんな可愛らしいホテルもあります♪

まとめ

今回の記事では、

  • ルミナリエ2018はいつまでか→12月16日(日)まで
  • テーマ→”Luci di felicita(ルーチェ ダイ フェリチタ)”共に創ろう、新しい幸せの光を
  • 出店→チーズハッドグ、からあげ、焼き肉、カステラ、いちご飴など
  • 混雑予想→大変な混雑が予想される
  • 最寄り駅→JR阪神電鉄 本線元町駅
  • 駐車場→アキッパを使うと安心→ここから今すぐ【akippa(あきっぱ!)】で駐車場を予約する!
  • ホテル→調査中

について書きました。

ルミナリエは遠いですが、めちゃくちゃ行ってみたいです!(*^^*)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク