【不正利用】paypay(ペイペイ)を使ってないのにクレカ引き落とされた時の原因と対処法

こんにちは!paypay(ペイペイ)の不正利用が怖い金沢です。

でも、ペイペイに登録していないのにクレジットカードが不正利用されたという報告もあり、

どゆこと??

ってなってます。

このことからただひとつ分かるのは、

すくなくとも「ペイペイがクレカ等の個人情報を漏えいしたわけではない」ということですね。

今後もペイペイを使うにあたり、原因や対策、対処法などがどうなっているのか気になったので調査してみました!

この記事を読むと、

paypay(ペイペイ)を使ってないのにクレカ引き落しなどの不正利用された時の、

  • 原因
  • 対処法

がわかります。

それでは早速見ていきましょう。

ちなみに今度はラインペイで20%還元が始まりました。

関連記事:LINE Pay(ラインペイ)の使えるお店一覧!飲食店やカラオケ・薬局・家電量販店・クリーニングも!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

なぜpaypay(ペイペイ)を使ってないのにクレジットカードが不正利用された?原因は?

paypay(ペイペイ)を使ってないのにクレカ引き落としされたのはいまのところと原因としては3つあるようで、

  • サイバー犯罪者が情報交換する「ダークウェブ(闇サイト)」によってクレジットカード番号が不正入手された
  • ペイペイのクレジットカード登録で、セキュリティコードを総当たり攻撃して突破された
  • ペイペイのクレジットカード登録はセキュリティコードが無制限に入力できる設定だった

ということが報告されています。

総当たりでいけちゃうとか認証ザルすぎるでしょ(つд⊂)

と思ったらその点は当然ながら対策されると発表がありました。

スポンサーリンク

paypay(ペイペイ)の不正利用対策は?

paypay(ペイペイ)の不正利用対策として、12月18日より、これまで無制限だったクレジットカード登録時のセキュリティーコード入力に回数制限が設けられました。

paypay(ペイペイ)の不正利用対策

回数制限が設けられれば、総当たり攻撃による不正利用は防げますね。

paypay(ペイペイ)の不正利用の被害件数は?

paypay(ペイペイ)の不正利用の被害件数は、数十件に上ると見られています。

ペイペイに登録していないのに被害にあった方もいますので、

「登録していないから関係ない」「まさか自分は被害にあっていないだろう」

などと思わずに、必ずカード明細を確認するようにしましょう。

カードの保証期間は60日程度ですので、確認はお早めに!

ただ、ペイペイにカード登録できるのはヤフーカードまたはVisa、MasterCardのみですから、それ以外の方は被害にあっている可能性は薄いと見られます。

スポンサーリンク

【不正利用】paypay(ペイペイ)を使ってないのにクレカ引き落としされた時の対処法

paypay(ペイペイ)を使ってないのにクレカ引き落としされたときは、

  1. アプリの履歴を確認し該当の利用がないか確認する
  2. 家族などの身内でクレジットカードを使う可能性がないか確認する
  3. クレジットカード会社に連絡する

といった流れで対処しましょう。

被害に遭われた方は、必ず保証期間内にクレジットカード会社に連絡しましょうね!

ペイペイにお問い合わせしてみるのも有りですが、保証してくれるとは限らないのと、混み合っている場合は時間がかかるのであまりおすすめしません。

それでもpaypay(ペイペイ)にお問い合わせしたい方はこちら

まとめ

今回の記事では不正利用の対策や原因について紹介していきましたが、解決法としては

  • 不正利用の原因→サイバー犯罪者による総当たり攻撃の可能性が高い
  • 不正利用の対処法→履歴を確認後、身内にも確認し、該当しなければクレジットカード会社に60日以内に連絡する

という結論となりました。

不正利用がわかったらパニックになってしまいそうですが、落ち着いて対処しましょうね!

ちなみに今度はラインペイで20%還元が始まりました。

関連記事:LINE Pay(ラインペイ)の使えるお店一覧!飲食店やカラオケ・薬局・家電量販店・クリーニングも!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク