【2018清水みなと祭り】海上花火大会の時間やブルーインパルスは飛ぶのか調査!

2018年も清水みなと祭りが開催されますね!

8/3(金)~5(日)の3日間でいろいろな催しがあり、静岡県下の大きなお祭りのひとつです。

ちなみに、2018年の静岡県の花火大会スケジュールやおすすめランキングをこちらの記事で紹介しています。よろしければ参考にどうぞ。

さて、清水みなと祭りでは、

  • みなとかっぽれ総おどり
  • 清水ゆかた踊り地踊衆 ※雨天中止
  • 海上自衛隊 護衛艦「いずも」一般公開(予定)

などなど、気になる催しがたくさんありますが、私が特に気になるのはなんといっても祭りのフィナーレとして行われる海上花火大会!

私は長野県(海無し県)出身なので、海上花火という響きには心揺さぶられます(笑)

というわけで、清水みなと祭りの海上花火大会の時間や打ち上げ場所などについて紹介します。

それから、2017年に清水みなと祭りで飛んでいたブルーインパルス。皆さんはご覧になりましたか?

私は去年見損ねてしまったのですが、とてもかっこいいので今年も飛ぶなら見に行きたい!ということで、2018年もブルーインパルスは飛ぶのか調査してきました!

それではまず、海上花火の情報からご紹介していきます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

【2018清水みなと祭り】海上花火大会の時間や打ち上げ場所

  • 8/5(日)
  • 打ち上げ場所/日の出ふ頭

【スケジュール】

  • 17:30  開場
  • 19:00~ 港で働く船のパレード
  • 19:15~ セレモニー
  • 19:30~ 打ち上げ開始
  • 20:30  終了

  • 打ち上げ本数/約10,000発
  • 問い合わせ先/清水みなと祭り実行委員会事務局 TEL.054-354-2189

見晴らしがよいため、混雑を避けたい方は、三保内浜海岸や日本平の山頂からなど、少し離れたところから鑑賞するという楽しみ方もアリです。

そして、打ち上げ花火やスターマインだけでなく、子ども達が描いた花火なども打ち上げられます。どんな花火なのか楽しみですね。

スポンサーリンク

【2018清水みなと祭り】ブルーインパルスは飛ぶのか

清水みなと祭りでは、毎年自衛隊が参加しています。

2018年の海上自衛隊は護衛艦「いずも」の一般公開がありますが、航空自衛隊のイベントも気になりますね!

2017年はブルーインパルスの飛行がありましたが、2018年も飛ぶのでしょうか。

その前に、「ブルーインパルス」って何?という方のために、ブルーインパルスの定義をご紹介します。

ブルーインパルスとは、スモークで空中に描画をする展示飛行を行う「飛行チーム」のことを指します。

2017年の航空自衛隊の展示飛行は、T-7,T-4の展示飛行の後に、ブルーインパルスの展示飛行がありました。

2017年にブルーインパルスによって披露された演目は、

  • ワイドローパス
  • スワンローパス
  • リーダーズ・ベネフィット・ローパス
  • ポイント・スター・ローパス
  • デルタ・360°ターン
  • フェニックス・ローパス
  • キューピット (ハート形のやつですね!)
  • ダブル・クローバーリーフ・ターン
  • ナイフ・エッジ&ハイレートクライム
  • チェンジ・オーバー・ターン
  • 720°ターン
  • サンライズ
  • デルタ・ローパス

でした。

前日にも演目が多少異なったものの、予行飛行がありました。

展示飛行は気候の関係で中止になることもあります。前日の予行飛行では、天候の関係で時間が2時間20分ほど延期されることはあったものの、両日とも演技が披露されました。

さてそれでは、このブルーインパルスは、2018年の清水みなと祭りで飛ぶのでしょうか?

清水みなと祭り公式ホームページを見ると、昨年同様T-4、T-7の展示飛行が行われる旨の記載はありますが、「ブルーインパルス」の記載は見当たりません。

ブルーインパルスの展示飛行が行われるのなら、そう告知されるはずです。

では、2017年にブルーインパルスの展示飛行を行うと発表されたのはいつ頃だったのでしょうか?

気になって調べてみましたが、いつ頃やると分かったのかは特定することができませんでした。

ですので、T-4、T-7の展示飛行が予定されていることは間違いないですが、2017年同様2018年もブルーインパルスの演技が見られるかどうかは、今のところ定かではありません。

ちなみに、T-4、T-7の飛行時間などの予定は以下の通りです。

(日時) 8/5(日)

(場所) 日の出ふ頭

  • 【T-7】12:00~12:15
  • 【T-4】12:15~12:30

2017年のT-4、T-7の展示飛行では、エシェロン隊形、ダイヤモンド隊形、トレイル隊形が披露されました。

自衛隊の展示飛行はなかなか見られませんので、小さなお子さんも大いに喜ばれるイベントになるのではないでしょうか。

まとめ

今回、2018年の清水みなと祭りの海上花火大会の時間や、ブルーインパルスの調査結果を紹介しました。

清水みなと祭りの海上花火大会は、1時間で1万発が打ち上げられるんですね。その乱れ打ちが海面にも映し出されるんですから、絶景間違いなしです!

そしてブルーインパルスですが、飛行チームのことだったんですね。私はてっきり、機体の名称がブルーインパルスなのかと思っていました…。(笑)

結局、ブルーインパルスが飛ぶのかどうかは不明でしたが、T-4、T-7の展示飛行が見られることは分かりました。

ブルーインパルスのような華やかさは欠けますが、T-4、T-7の展示飛行も普段は見られませんので、一見の価値ありです。

皆さんも2018年の夏休みの思い出に、清水みなと祭りへ、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク