メイ首相の辞任時期表明はガセOR本当?イギリスやEU離脱への影響はどうなるのかシナリオを予想

こんにちは!

昨日23日14時頃、

イギリスのBCCニュースにてメイ首相辞任

という報道がされました。

でもこれは本当なのでしょうか?

前にもデタラメな辞任の噂が流れたことがありましたよね。

…ガセであってほしい(><)

メイ首相がんばっていたのにあまりにも気の毒です。

本当だとしたら

メイ首相の辞任による

イギリスやEU離脱への影響はどうなるのか?

どんなシナリオでいくつもりなの?

ということが気になったので、

その点についても調査してみました。

今回の記事を読むと、

  • メイ首相の辞任時期表明はガセOR本当?
  • イギリスやEU離脱への影響はどうなるのかシナリオを予想

がわかります。

それでは早速見ていきましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

メイ首相の辞任時期表明はガセOR本当?

「メイ首相が辞任時期を表明する」というのははガセなのか本当なのか調査しましたが、完全なるガセではないが、「24日に表明するとの報道はガセの可能性がある」と結論づけました。

(追記)24日に辞任表明があったので本当でした。

メイ首相チームが、

  • 離脱案を進める派
  • メイ首相がどのように首相を去るか考える派

に分裂したとの報道をチームが否定したため

ガセかもしれないと考えていましたが、

間違いではなかったことがわかりました。

以下は辞任表明前に書いたものです。

▼SNSでの反応

メイ首相やメイ首相のチームが

辞任を明言したわけではないのですね。

ではなぜこのような報道がされたかというと、

「メイ首相が首相の地位にしがみついている」と見られないよう、

「24日に退任時期を示す」

と閣僚や議員、顧問の一部が考えているためです。

…周りが勝手に言ってるだけかーい

と思ったら、

24日にエリザベス女王の公式行事がないから

という理由もあるからなんですね。

とは言え逆に言えばその理由しかなく

これだけで真実であるとは判断できません。

ただ、完全なるガセというわけでもなく、

メイ首相の立場が事実上終わっているのは本当です。

投票前の最終世論調査にて、

メイ首相が党首を務める保守党の支持率は

なんとたったの9%で、5位…。

一桁の割合にしか支持されていないことが事実なので、

首相としての立場はすでにありませんよね。

大きな選挙では結党以来最悪の結果が

予想されるとまで言われています。

残酷ですが、

支持のないメイ首相が

首相を長く続けられないことは明白ですね。

メイ夫妻は、ソニングにて

23日に幕の引き方を最終決定したと報じられています。

24日には表明されないにしても、

近々辞任することは事実であるとわかり

ただただ残念です。

スポンサーリンク

立場のなくなったメイ首相はいつ辞任するのか?

メイ首相はいつ辞任する予定なのか調査したところ、もちろん本人が表明していないので実際のところはまだ不明です。

(追記)24日の辞任表明にて、6月7日に保守党党首を辞任すると発表がありました。

以下は辞任表明前に書いたものです。

しかし、閣僚・議員・一部の顧問は「6月10日の週に辞任する」とみています。

なぜ6月10日の週なのかというと、

メイ首相のとある盟友によると、

6月3日〜6月5のトランプ大統領のイギリス公式訪問があるから

という理由です。

確かに、後任も決まっていないゴタゴタした状態で

トランプ大統領を迎えるわけにはいかないでしょうから、

6月6日以降というのは確実でしょうね。

では、重要な次期党首・後任の決定はいつになるのでしょうか。

鍵を握る次期党首・後任の決定はいつ?

次期党首・後任の決定はいつになるのか調査したところ、こちらも表明がまだなので実際のところは定かではありません。

(追記)24日の辞任表明後も、次期投手や後任の決定がいつかは公表されていません。

ただ、日本経済新聞によれば、保守党次期投手の決定は、

7月の夏季大会入り前になる可能性があるとのこと。

同報道で、

メイ首相は後任が決まるまで暫定党首としてとどまり、

先に保守党の次期党首の辞任を済ませてしまうと見込まれていましたが、

本当にそんな流れになりましたね。

スポンサーリンク

メイ首相辞任によるイギリスやEU離脱への影響はどうなるのかシナリオを予想

影響

メイ首相辞任により懸念されている「EUの合意なき離脱」が行われた場合、

イギリスがこれまでに築き上げた貿易関係がなくなってしまいます。

そうすると、欧州全土の多くの企業が混乱し、

その他の地域に与える影響も計り知れません。

ポンドが下落し欧州経済に大打撃を与えるでしょう。

日本だって無関係ではありません。

本当に怖すぎますね…(><)

シナリオ・予想される展開

シナリオや予想される展開をまとめると、

  • 合意なき離脱
  • 総選挙
  • 離脱なし
  • 新協定の可能性

が挙げられます。

メイ首相が辞任することで、

次期首相のEUへの要求がエスカレートし、

イギリスとEUの衝突は避けられないでしょう。

EUは要求は飲まないと繰り返し行っているので、

このまま離脱期限(10月31日)を迎えれば

「合意なき離脱」となります。

また、内閣で認められれば総選挙が行われ、

主要政党以外の党が過半数を握ってしまう可能性も。

さらに、メイ首相が離脱についての国民投票をしたいと示したことで、

国民投票が行われる可能性もあり、

そこでEU残留派が多ければEU離脱がなくなるということも考えられます。

一体どういった方向へ進んでいってしまうのでしょうね。

まとめ

今回の記事をまとめると、

  • メイ首相の辞任時期表明はガセOR本当?→24日の辞任時期表明はガセの可能性も高いが、メイ首相の立場が終わっていることは事実である
  • イギリスやEU離脱への影響→調査中
  • シナリオ・予想される展開→合意なき離脱や総選挙が予想される

という内容でした。

ガセかもしれないとわかった時は、ちょっと希望を持てましたが、

メイ首相の辞任は避けられそうもなく、ただただ悲しいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク